二世帯住宅ってどう?

とある夫婦がセキスイハイムでの二世帯住宅作りとその暮らしを紹介します。

セキスイハイムの耐震性は上がっている? 

皆さんこんばんは、とある夫婦の夫です。

 

今日は、セキスイハイムの耐震性は上がっているのか?について書いてみたいと思います。

 

私たちの家がセキスイハイムからセキスイハイムへの建替えであるということは先のブログでご紹介させていただきました。

つまり、私は30年以上前のセキスイハイムパルフェ)と現在のセキスイハイム(SPS)の両方での住み心地を体感しています(^^)

通常、様々な住宅メーカーが耐震実験の数値などを記載していて、それらを比較することは出来るのですが、なかなか同じメーカーで過去のものと現在のものを比較する情報はありません。

 

そこで、数値化は出来ないですが自身の体感による感想を書いてみます。

 

今回のテーマの耐震性ですが、ずばり

 

耐震性は上がっている!

 

です。

 

私たちの家はそれなりに車の多い道路沿いにあります。

これまでの家だと、大型のトラックが通ると揺れがありました。

ところが、今の家では揺れは全くと言って良いほど感じません。

本当に安定しているなあというのが感想です。

 

もともと耐震性には定評のあるセキスイハイムでしたが、 これまでのボックスラーメン構造に加えて

 ハイブリッド耐震GAIASS

 

なるものが備わったことによって安定性が増したのでしょう。

 

セキスイハイムのHPによると

GAIASSは

 

①中小程度の地震に対しては高性能外壁が揺れを軽減

②巨大地震の揺れに対してはボックスラーメン構造がしなやかにかわし

③建物重量や地震の衝撃はベタ基礎がしっかりささえる

 

の3つで最高等級の耐震性能をクリアすることが可能とあります。

 

これを我が家に当てはめると

車の通過時に発生する振動は、言い換えれば地震

 

高性能外壁が揺れを軽減して、

ベタ基礎がしっかりと衝撃を支えている

 

ことによって、揺れを感じなくなったのでしょう。

 

 

ただ、セキスイハイムで家を建てることを決めてから、様々なHPを見ていますと

悪く書かれていたり、耐震性ランキングなどでもそれほど上位にきていなかったりと

不安になるようなこともありました。

しかし、上述のように実際に住んでみると耐震性に関しては安心出来そうです。

  

ですから、セキスイハイムさんには今まで以上に過酷な実大実験を行って耐震性の高さを証明して欲しいです。

 

残念ながら、これまでのセキスイハイムの実大実験からは三井ホームパナソニックホームズなどに比べると条件が厳しくなく、また、窓が外れたりもしていて、動画を比べるならば、私は三井ホームパナソニックホームズの方が耐震性が高いと思ってしまいます。

 

ただし、これまでのセキスイハイムの実大実験はGAIASS採用前のものですから、現在のスペックで実験するべきですし、より過酷な実験にも耐えられると信じています。

 ぜひ、GAIASS採用の建物で実大実験をしてもらいたいです。

そうすれば、ユーザーも安心出来ますし、HPを見て建てる人も増えるのではないでしょうか?

 

私の体感からのブログでしたが、実大実験をすることでデータからも耐震性の高い家となることを期待しています。

 

二世帯住宅のメリット

皆さんこんばんは。

 

そろそろお気づきでしょうか?

多くの皆さんが画像や動画でブログを華やかに彩る中、私たちは活字のみ。

時代に逆行していますが、しばらくこの形で進めてみようと思います。

どうぞお付き合いください(^^)

 

今回は前回予告しました二世帯住宅のメリットについて投稿してみようと思います。

 

セキスイハイム発行

セキスイハイムの二世帯住宅で暮らそう」

の中で二世帯住宅にして良かった点上位3項目を我が家のプラスαを加えて書いてみたいと思います。

 

まず

 第3位は

三世代の交流 です。

 

 我が家では、皆が長時間過ごす親世帯のLDK、子世帯のLDKを廊下を隔てて1階に据えました。

 スペース的にはいっぱいいっぱいでしたが、このことにより子供の両LDKへの行き来がしやすくなりコミュニケーションが生まれました。

 誰かの誕生日などには、一緒に集まって祝ったりもして交流につながっています。

 通常は、二世帯住宅であれば世帯で階を分けるケースが多いようですが、あえて私たちのようにすることでも次のようなメリットがあります。

 

 ・子供が両世帯を行き来がしやすい

 ・親が歳をとっても行き来がしやすい

 ・親の不調に気付きやすい

 

 

第2位は

生活費・維持費の節約 です。 

 

 我が家では親の家を建て替えましたので、土地代がかかりませんでした。

 これだけでもお得です。

 また、私たちのように風呂を共有しますと水道、電気、ガスの基本料金が1本化出来ますので、個々で暮らすよりも割安になります。

 快適エアリーも1階のみに設置する家庭が多いですが、二世帯においてもそれぞれのLDKを1階に据えることで無駄なくエアリーでの快適な生活を送ることが出来ます。

 食事等は完全に分けましたからそれほどのお得感はないです。

 

 そして、これは皆さん気付いてないかもしれませんが、若い方が家を建てる際には子供が出来ることを見越して余分に子ども部屋を作ったりするかと思いますが、自身が歳をとってからのことについて考えているでしょうか?

 例えば、足が弱った時に廊下に手摺をつける必要があります。

 その場合にはあらかじめ壁に補強が必要です。また、浴室も手すりをつけられるタイプにしておく必要があります。

 私たちは、親との同居ですから上記のことは行いましたが、おそらくそこまで考慮している方は少ないのではないでしょうか?

 セキスイハイムの家は60年住める家ですから、年取ってからのことも考えてみてはどうでしょうか。

 

 

そして第1位は

 

孫の成長・子育て協力 です。

 

 繰り返しになりますが、1階にそれぞれのLDKを持ってきたことで子供が両世帯を行き来しやすくなりました。

 これによって、子供は親(祖父母)とふれあう機会が増え、色々と話をしたり遊んだりしてもらえます。

 親(私たち)だけでなく、別の大人と接することで感受性も豊かになると思います。

 何より祖父母にとって孫はかわいくて仕方のない存在です。常にニコニコ話しかけていますから、やさしい子に育つのではと思っています。

 私たちが家事で手が離せない時にも助けてもらえるので、二世帯は本当にありがたいと思っています。

 そして、親(祖父母)にとっても孫と接することはエネルギーをもらえるようで、以前よりも元気になったように思います。

 

 以上、メリットを記してみましたが二世帯住宅にするにあたっては、お仕事の関係、嫁姑問題、建築費の分配問題など多くの問題点もあります。

 実際に二世帯住宅を建てた後で、嫁姑問題が発生したために、もう一軒立て直したということも耳にします。

 お金はかかってしまいますが、キッチンだけは別にしておいた方が良いように思います。

 

 今回は二世帯住宅のメリットの一部をご紹介しましたが、また機会を設けてデメリットなども紹介したいと思います。

セキスイハイムを選んだ理由②

皆さんこんばんは。

前回の投稿までに1か月以上かかってしまいましたので、今回は頑張ってみました( ´∀` )

前回に引き続きセキスイハイムを選んだ理由です。

 

①工場生産が良い

 一番に思ったのが工場生産であるということです。

 どんなに優れた大工さんでも人間ですからミスは起こります。

 体調が悪い日もあれば、今年の夏のように猛暑の時も、また寒波、大雨に見舞われる時もあります。

 また、不自然な体勢での作業もあるでしょう。

 こういった状況で100%のパフォーマンスが出せるでしょうか?

 また、優れた大工さんが本当に自分の家を担当してくれるでしょうか?

 セキスイハイムにおいてももちろん人が関与しますからミスは0では無いと思います。

 しかしながら工場生産であれば、天候は大丈夫です。そして、ユニットの作業も無理な体勢で行うことはありません。そして、工場内でのチェックもなされます。

 こうした点を踏まえて考えますと工場生産の方がミスの発生リスクは圧倒的に少ないと思いました。

 これが1つ目の理由です。

 

②工期が短くても耐震性は安心

 セキスイハイムでは天候の影響を受けにくいので、当然工期が短くなります。

 もちろん、他のところでも短い工期の所もあるでしょう。

 しかしながら、天候に恵まれない等の理由で納期に追われるような状況になった時、間に合わせるためには作業はスピーディに行われるはずです。

 その際、クロスの貼り方が少し雑だったくらいであれば指摘すれば直してくれると思います。

 しかしながら、耐震性に関する部分にミスが出てしまったらどうでしょうか?

 これは、地震が起こってからでないと分かりません。

 セキスイハイムでは少なくともユニットは工場で作られますから、耐震性の部分のミスの確率は低いでしょうし、納期に追われていても工場内でしっかりチェックされたものが運ばれてきます。

 据え付けの終わった後、建物内での作業でミスがあったとしても少なくとも耐震性は確保されると思いました。

 これが2つ目の理由です。

 

③洗脳

 洗脳?ということでセキスイハイムは怪しい団体なのではと思ったかもしれませんが、これは親からのものです。

 恐らく、どのハウスメーカー工務店さんで建てられた方も、満足のいく家が建った場合には良かったとか、住みやすいとか暖かいとか肯定的な言葉を発するのではないでしょうか。

 私(夫)が子供の頃に両親がセキスイハイムで家を建てて以来ずっとそのような言葉を聞いて育ちました。

 つまり小さい頃からセキスイハイムは良いと洗脳されてきた訳です(^^;)

 これが3つ目の理由です。

 

私たちはこうした点からセキスイハイムで建てることを決意したのです。

 

※これらはあくまでも私たちの推測ですから、実際にはそうでないのかもしれません。

 ①②の理由も洗脳されている頭で物事を判断してしまっているのかもしれませんしね(^^;)

 

 次回は二世帯住宅のメリットについて触れてみたいと思います。

 

 

とある夫婦がセキスイハイムを選んだ理由

初めて記事を書いてから1カ月以上も経ちようやく二回目の投稿です。

今日は、私たちがセキスイハイムを選んだ理由について書いてみたいと思います。

 

結論から言うと、

 

実家がセキスイハイムで、その建替だったため、大きな割引が得られたことです。

 

うちの場合、両親がセキスイハイムで家を建てていて、その家を私たちと同居するために建て替えるという条件でした。

 

そのため、両親による紹介割引、二件目の建て替え割引、そして解体費が無料

という3つの特典がつきました。

 

①紹介割引(月内契約割引含む)

②建替キャンペーン割引

③建物の解体費  

 

これらをあわせると約500万円の割引でした!

 

これに加えて

 

 約250万円割引のトータル約750万円の値引きが初めての見積りで提案されました!!!

 

当初は、それほど家を建てようという気持ちはなかったのですが、一気に興味が出てしまいました(^^;)

 

もともと建てるならば工務店よりもハウスメーカーという考えがありましたので、

相見積もりは不可欠です。

たまたま知人がセールスとして働いていたMサワホームにも相見積もりをお願いしました。

 

しかしながら、ハイムには及びませんでした。

 

知人ということもありミサワも考えたのですが、ハイムの営業さんからの

 

知人がセールスの場合、何か不具合が生じても言いづらい部分も出てくるから

 

知らない私のほうが意見をぶつけやすいですよ”、“私も一生のお付き合いと考えて

 

対応させて頂きます”との言葉でなるほどと思いハイムに決めました。

 

ハイムは家族、友人からの紹介ハイムからの建替という条件

をお持ちの方には結構メリットがあります。

 

結局、もう少し値引きをしてもらいトータルで800万円以上の割引となりました。

 

ちなみに我が家は

 

延床面積約43坪、二世帯住宅(キッチン×2、トイレ×2、洗面所×2、洗濯機×2、浴室×1)、SPS(太陽光発電9.45KW、蓄電池採用、HEMS)、快適エアリー1階のみ、エコキュート、タイル外壁(ラスティックタイル)、オール電化で外構や登記など全てコミコミの条件で税込み約3600万円という見積となりました。

 

色々ブログを拝見してますが、かなりお得な条件を頂いたと思っています(^^)

 

私たちのように身内や知り合いにハイムで家を建てた方がいたら、新築を検討の際には

セキスイハイムを候補に入れてみてはどうかなと思います。

 

因みに、各ハウスメーカーの集う住宅展示場で名簿に名前を書く前に

○○の紹介でハイムを検討していますと担当セールスさんに連絡するように

してください。

地域によって違うかもしれませんが、先に住宅展示場で名前を書いてしまうと

割引が受けられないこともあるそうですよ。

 

初ブログからだいぶ時間がかかってしまいましたが、これから新築を検討している

方の参考になれるブログにしていきたいと思います。

 

 

 

 

はじまりはじまり

 セキスイハイムで二世帯住宅を建てた、とある夫婦です。

 コスパの良い家を少しでも安くと思って、自分たちなりに頑張りました。

 建てている当時は、それなりに関連のブログ等は見ていましたがどちらかというと自分たちの感覚で進めていたように思います。

 

 しかしながら家づくりが一段落した現在、関連のブログをじっくり見ていますと、あの時はこうすれば良かったとか、そんな手があったのかという記事に数多く遭遇することもあれば、良いと書かれていても自分たちにはちょっとという点も多いです。

 

 そこで、私たちもこれから家を建てる方、特にセキスイハイムで建てる方、二世帯住宅を建てる方の参考になるようなブログを紹介出来ればと思ってブログを立ち上げてみました。

 

 個人的な感想となりますから、実際にオーナーさん宅やモデルハウスなどでじっくり見て参考に出来る部分だけ採用して良い家を建てていただければと思います。

 

 どうぞよろしくお願いいたします。